住まいを買う場合のメリットとデメリットについて

自分の住まいを選ぶ際には、いくつか選択肢があります。住宅を買うか、借りるかです。買う場合、一戸建て、マンションなどから選び、さらに新築か中古かを考えます。また借りる場合は一戸建て、アパートなどが挙げられます。この中で、住宅購入のメリットとデメリットを考えてみましょう。

住まいを買うメリットとは何でしょうか。まず第一には、自分の財産になるという点です。一括で買えばその時点で、住宅ローンを組めば将来的に、買った住まいは自分の手元に残ります。この安心感は替えがたいものがあります。賃貸の場合は、家賃を捨てている、という表現をする人もいます。第二に、自分の自由にできることです。柱に釘を打ったり、リフォームをしたりすることも可能です。では住まいを買うデメリットとは何でしょうか。それはやはり簡単には手放せないことです。住宅ローンが残っている間は引っ越すことは難しいでしょうし、支払いが住んでいても、住んでみた後で不便なところや不満に気づくこともあります。住宅の購入は安いものではないので、買った後に「やっぱり気に入らないから」と簡単に取り換えることもできません。

住まいを買う場合、メリットとデメリットをよく見合わせて、自分がどちらに合っているのかをよく考えるべきです。

最近の急上昇ワード住まい。こちらのサイトで情報収集しましょう



Copyright(c) 2017 住まいづくりに無料のシュミレーションソフトを使う All Rights Reserved.