住まいを建てるなら信頼出来る土地を選ぶ

家族一緒に楽しく長く暮らす家を建てたいと考えた場合に、まず最初に具体的に決めなければならないのは、どの場所に住まいを建てて暮らすのかということです。つまり、都会に住むのか、田舎に住むのかという大きな区分けの選択肢と共に、地に足をつけて住むことになる土地を購入することを決めることになる訳なのですが、これだけは安さで思わず購入したりすることのないように、十分に土地について時間をかけて調べて購入することが必要です。

たとえば、昔は海だったけれど今は埋め立てられている土地であるとか、山を切り開いて作られた硬いタイプの土地であるとか、大きく分けると水に関係している土地なのか、水に関係していないのか見極めておく必要があります。これは、地震があった後などに液状化現象が起こらない土地を選んで購入するためなのですが、新しい埋立地などの場合には、土地が不安定で整備出来ていない場合もありますので、不動産屋や土地の所有者などに十分に確認しておくことが大切です。

しかし、場合によっては不動産屋も所有者も詳細を知らないというケースもありますので、そういった場合には、インターネットで昔の地図と見比べて確認する方法がオススメです。大切な家族の住まいですから、出来れば長くキレイに住み続けたいものです。どんなに耐震工事を頑張ってみても、土地が不安定では家は傾いてしまいますので、ここはシッカリ見極めて自信を持って購入することが何よりも大切であると言えるでしょう。


Copyright(c) 2017 住まいづくりに無料のシュミレーションソフトを使う All Rights Reserved.